*--BBS--*

記事投稿にはパスワードの入力が2ケ所必要です。
ひとつは投稿後の記事の修正・削除用のパスワードです。
投稿欄の左下にあるPass欄に半角英数で8文字以内で御自分でお好きなものを入力してください。

もうひとつはスパム投稿対策のための投稿用パスワードです。
お手数ですが、右下の投稿用PASSに以下のものを入力してください。
全ての方に共通で、半角小文字で 
denali
と入力してください。


メールでのお問い合わせはこちらから

新規投稿はコチラからどうぞ
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
 文字色
 File
大きさ250KB以下( jpg, gif, jpeg, png )
 Pass
投稿用PASS


DEEP ALASKA
貝野  E-Mail 
初めまして。

去年初めてアラスカを旅行し、美しいブルックス山脈をドライブしました。アラスカの美しさをもっと探求したいと常日頃思っています。
そこで先日松本紀生様の写真集を購入し、とても感動致しました。
私のお気に入りは71番の月と写る山脈です。どうやって撮影されたのかとても不思議です。
また、あとがきにもありました松本紀生様がキャンプをしたりかまくらを作ったり、というのがとても羨ましく、どうやってそんなことが出来たのか、とてもモヤモヤしています。
私もそうした極地が好きで、地球の美しさを求めて普通の旅行では飽きたらない者です。

いつかそんなことも挑戦してみたいと思わされる写真集でした。
ありがとうございました。
Date: 2019/05/09/22:03:20   [1350]

Re:DEEP ALASKA
松本紀生  
アラスカをご旅行なさったのですね。初めて訪れたときの驚きや感動は、当たり前ですが、もう自身では2度と味わうことができません。いただいたメッセージを拝見しながら、うらやましく思いました。

71番の写真は冬の早朝にセスナをチャーターして空撮したもので、朝焼けに染まるデナリと、沈もうとする月とが写っています。
Date: 2019/05/14/16:17:46   [1353]



極北のひかり 巡り会いました
松本紀久子  E-Mail 
松本さま
2年前に出版社のイベントで話題にあがったエッセイ本、
実現なさったんですね。おめでとうございます
本屋さんに立ち寄ってふと巡りあい、手に取りました。
平成最後の日になんて嬉しいサプライズをと思いました。

そしてフォトライブに参加した日を思い出しまた勇気づけられ
ました。写真からは凛とした静けさ、荘厳さ、美しさが
伝わり文章は丁寧でわかりやすく、極寒のなかでも
温かいエピソード、サポート頂いてる方のことや野生動物達とのを語ってくれて面白く読みました。寝袋には「えーっ」と驚きました。
(どう生きるのか)が大事である、そのために準備するとあらためて気付かされる1冊です。またじっくり読みたくなります。

最後に多忙な中、本を創って頂きありがとうございました。いつかまたフォトライブでお会いできることを願っています。
お体ご自愛ください。
Date: 2019/05/01/04:24:23   [1349]

Re:極北のひかり 巡り会いました
松本紀生  
温かいご感想をありがとうございます。

自身にとって初めてとなる文字が主体の本ということで、もしかしたら、写真集の作成よりも気合いが入っていたかもしれません(笑)。

2年前のことまで憶えていてくださってことにも感謝申し上げます。

Date: 2019/05/14/16:12:36   [1352]



クレージージャーニー
棚田美惠子  
先日は素敵なフォトライブありがとうございました
いつも感動して泣きそうになります
講演後の写真見たかったのですが時間が無く残念でした
また、宇和島とか近くであると嬉しいです

お話した時に、クレージージャーニーまだ見てないとの事でしたので、保存していたのを、見てみました
確かに私が松本さんに言ったキーワードは多めですが、多分皆さんが、どうするんだろうと疑問なんでしょうね(笑)
真面目な番組の松本さんも見てみたいですが、クレージージャーニーらしい番組で素敵だったと思います
MC三人が写真を見て、感嘆の声をあげてるのを見て、良かった〜!と思いました

番組の最後に、今までのクレージージャーニーの方と同じで、オーロラや野生動物の話になると、一瞬目がクッとなると言われてました
バラエティ色が強いけど、松本さんに対してリスペクトがちゃんとあると思いましたよ
安心して見てみて下さい

極北のひかり、一回さーっと読んで、二回目じっくり読みかけてます
写真集も良いですが、文字は想像して映像が膨らみますね
ゆっくり楽しみながら読ませて頂きます
Date: 2019/04/23/20:26:08   [1348]

Re:クレージージャーニー
松本紀生  
フォトライブへのご来場、拙著のご購入、さらに「クレイジージャーニー」までご覧くださって、ありがとうございます!

あの番組に出演してもう数年が経ちますが、いまだに言及してくださる方が多いことに驚いています。どれも好意的なご意見ばかりで、出してもらってよかったと、今更ながらに感じております。
Date: 2019/05/14/16:03:13   [1351]



ホームページからのお問合せについて
管理人  
ホームページからのお問合せフォームが正常に動作していないことが判明しました。

送信してしばらくすると

「メールが送れなかった可能性があります」

というようなメッセージが表示された場合は松本本人にメールが届いておりません。

もし今までにお問合せフォームからお送りいただいて、松本からの返信がなかった方には大変ご迷惑をお掛けいたしました。

現在、代替ページを作成し対応しておりますので、そちらをご利用ください。


http://www.matsumotonorio.com/cgi-bin/mailform/
Date: 2019/04/16/17:07:03   [1347]



no subject
高橋茂雅  E-Mail 
昨日10年ぶりにアラスカの鯨やオーロラの写真を見せていただきました。上尾市に在職していたときに数回お呼びして撮影の様子やオーロラ、アラスカの自然の写真を楽しく講演していただき、生徒から「また講演会をしてほしい」と言われたことがあります。
 今回の講演も一期一会の写真ばかりでとても楽しく拝見させていただきました。説明も楽しく伺いました。いつ見ても松本さんの写真に見せられてばかりいます。ありがとうございました。
Date: 2019/03/24/06:45:58   [1342]

Re:no subject
松本紀生  
イベントにご参加いただき、ありがとうございます。上尾におうかがいしたときのことを懐かしく思い出しました。もう10年も経つのですね。こちらは、相変わらず同じ活動を続けています。

またどこかで見つけてくださったときにもお楽しみいただけるよう、これからもアラスカを撮り続けていきます。先生もどうぞお元気でいらしてください。
Date: 2019/04/12/13:22:25   [1346]



夢に向かって
S  
はじめまして。

松本さんの活動に憧れるものです。

僕は将来的にアラスカや極北の世界に関わる仕事に就きたいと考えています。そこで長年アラスカを追い続ける
松本さんにぜひ質問したいことがあります。


自分は中学時代に星野道夫さんの本に出会い、それ以来彼の見た世界に憧れ続けてきました。
特に「長い旅の途上」「旅をする木」は特にお気に入りの二冊です。
彼の本を読んでいるとこんな素晴らしい世界を知らずに死んでゆくのは、とても大きな損をしているような気がします。

僕は来年大学受験を考えていて北海道大学を志望しています。
理由は生前の星野さんと親交の深かった方々が多くいらっしゃること、アラスカなどの北極域研究で国内最大の大学だからです。

自分は星野さんの「二つの自然、二つの時間」という世界に魅せられました。「人間からの視点、地球からの視点」とも言い換えられると思います。自分が今こうしている間にも、太古と変わらぬもうひとつの悠久の世界が存在するということが、とても神秘的です。

松本さんの「アラスカ 光と風」を読みUAFに入学できる行動力、そして今もアラスカという土地に魅せられ活動しておられることを深く尊敬しています。


星野さんや松本さんのようにひとりで大自然と向き合うというのは本当に勇気のいることだと思います。

また日本社会の所謂"普通"の生き方とは大きく異なった人生を歩んでいくなかで、やはり特有の大変さというものがあると思います。

そのなかで、松本さんはアラスカに関わる仕事をやめようと考えたことはありましたか?


自分は写真家の道を目指しているのではないのですが、自分の周囲の人にアラスカのことを話しても中々理解してもらえません。

迷いなく行動に移せる星野さんや松本さんには、やはりそういったものを振り切れるだけの情熱があるのだと思います。

自分は躊躇ってしまうならやめた方がいいのでは…とも考えてしまいます。

アラスカで長年活動しておられる松本さんに、何かアドレスをいただけると嬉しいです。
Date: 2019/02/08/11:57:00   [1339]

Re:夢に向かって
松本紀生  
数日前にアラスカから帰国しましたもので、お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。

ご質問へのおこたえですが、アラスカを撮る写真家になることを諦めようと思ったこともありませんし、写真家としての活動を始めたあとにも辞めようと考えたことはありません。

ただ、行動を起こす前にはとても悩みました。

Sさんご自身もおわかりのように、強い気持ちさえあれば、それが本当にやりたいことであれば、いつかは望む結果が得られるのでは、と思います。逆に、もし仮に途中で諦めることがあったとすれば、結局そこまでのものだったのだろうとも思います。やむを得ない事情があればまた別の話ですが。

ご自分の心の声に従って、思う存分やってみてくださいね。陰ながら応援しています。
Date: 2019/03/09/19:00:07   [1340]

Re:夢に向かって
S  
返答ありがとうございます。

とても励みになりました。
将来的には自然科学の研究者として、アラスカの自然を追いながら、同じ世代の先住民の人々が抱える課題に寄り添い、共に歩んで行きたいと考えています。

結果はどうであれ、やれるだけやってみようと思います。

Date: 2019/03/25/18:30:43   [1343]



no subject
阪田睦子  
 12月22日の岡山アースキーパーのつどいでのフォトライブありがとうございました。
 写真が映しだされる毎に子ども達の歓声があがり、感動的でした。子ども達、大人も含めて心に残るフォトライブだったと思います。
 それにしても温暖化が心配ですね。瀬戸内海や東京湾にクジラが迷い込んでいるのも、温暖化でエサの分布が変わり、さまよっているのかもと思ってしまいました。急な変化に動物はついていけるのか、人間も含めてとても危惧しています。
 アラスカ、気をつけて行ってきてください。
 よいお年をお迎え下さい。
Date: 2018/12/23/09:22:55   [1334]

Re:no subject
松本紀生  
またお招きいただき、ありがとうございました!

子供達の自然に対する関心の高さに驚きました。また、それを伸ばしてあげようとする阪田さんたち大人たちのサポートの手厚つさにも敬意を表します。どうぞ今後もその素晴らしい活動をお続けください。またどこかでお会いできますことを、今から楽しみにしています!
Date: 2018/12/26/22:15:00   [1337]



楽しみにしています
木下彩子  E-Mail 
今週末、兵庫県立美術館にて松本さんのフォトライブショーを
拝聴予定です。
昨年もお話しをお聴きし、美しい映像に癒されました。

障害者施設のみなさんとお邪魔をします。
年末の慌ただしい時に、少しでも自然の美しさや
あらゆる生き物のひたむきな姿に静かに向き合う
ひと時を過ごしたいと思います。
Date: 2018/12/11/13:29:24   [1333]

Re:楽しみにしています
松本紀生  
お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。神戸でのフォトライブにもお越しくださって、ありがとうございます。

障害の有無に関わらず、みんながあのひとときを共有できたことを嬉しく思います。次回もお楽しみいただけるよう、しっかりとアラスカで撮影をしてまいります。
Date: 2018/12/26/22:10:43   [1336]



素晴らしい写真家そして自然を心から愛する地球人
もとわだ  E-Mail 
2018年も間もなく終わります。そして新たな年を迎えます。改めて松本紀生さんの活動を振り返りながら地球の未来に想いを馳せました。近年未曾有の地震災害、豪雨災害...地球環境と自然のバランスが崩壊しているのです。その事により日々の人の暮らしにも大きな影響が起きて居ます。その規模は益々想像を絶する大きなものとなっています。我々地球人の真摯な行動が試されている。そんな気がします。心洗われる思いの、松本さんのアラスカ写真集を見る度一人一人の責任の重さを思います。自然への恩恵、敬愛の想い...更なる2019年の活動を応援します。
Date: 2018/12/06/17:53:40   [1332]

Re:素晴らしい写真家そして自然を心から愛する地球人
松本紀生  
メッセージをありがとうございます。

背筋が伸びる思いです。自分に何ができるのか、きちんと考えて行動できる、そんな大人になりたいと思います。

2019年もどうぞよろしくお願いします。
Date: 2018/12/26/22:08:05   [1335]



no subject
隆之介の父  E-Mail 
四日市でのフォトライブに時間の都合で参加できなかったのですが当日の昼間に展覧会を拝見させていただきました。
見ていて涙が出てくる写真もあり深く感動しました。あまりの感動でミュージアムショップで写真集を買ったのですがミュージアムショップの方のはからいと松本さんのご厚意で写真集とフォトカードにサインをしていただき本当にありがとうございました。
10年以上前に嘉門達夫さんにCDにサインしてもらった以来でとても嬉しかったです。
6歳になる子供も松本さんの迫力ある写真やアラスカの紅葉、オーロラにとても感動し自らフォトカードも買って欲しいと言ってきました。初めてサインもしてもらい喜んで自分の机に飾っていました。
危険と隣り合わせで素晴らしい写真の裏にはとてつとない苦労もあると思いますが自分では知ることのできない世界を教えていただけてありがたいです。
これからも松本さんの活躍を楽しみにしています。
Date: 2018/11/25/22:15:37   [1328]

Re:no subject
松本紀生  
写真展へのご来場、ありがとうございます。お子さんがサインを喜んでくださっていると知り、とても嬉しいです。

自然の美しさに感動するお子さんが、その素敵な心根を宿したまま成長することを祈っています。
Date: 2018/12/01/15:54:02   [1331]



no subject
SEIKO  E-Mail 
今日の四日市でのフォトライブとてもとても楽しかったです。
そして、感動しました。
サインに写真に握手とありがとうございました。
ドキドキしすぎて質問したいことも聞けず...クジラが群れでニシンをとる時あぶくを出すと言われていましたが、そのあぶくがボートの下にくる危険性はないのですか?
ボートの外に投げ出される!?と、
とってもハラハラしてしまいました。

最近の自分の目標に行きたいところへいく!やりたいことをやる!見たいものをみる!
最初のチャレンジがこのフォトライブでした。
また、明日から頑張ります。
是非また松本さんのパワーを頂きに伺いたいと思います。
本当にありがとうございました(^^)

Date: 2018/11/24/19:15:57   [1327]

Re:no subject
松本紀生  
SEIKOさん、プラネタリウムでのフォトライブ、ご覧くださりありがとうございました。本番前に座席に座ってみたのですが、思わず眠ってしまいそうになる危険な座りごごちでしたね。

クジラがボートの下にきてしまうことはまれにあります。衝突を避けるために、とにかく音を出します。ボートと叩いたり、余裕があればエンジンを作動させたり。このあたりのことは春に発売予定の新刊に詳しく書いていますので、よろしければぜひ...
Date: 2018/12/01/15:48:37   [1330]



お返事遅くなりました。
YASUHIKO CHIBA  E-Mail 
盛岡でのフォトライブで、松本さんにリクエストした時、500曲から1曲なんて酷なお願いだと思いながらも、どうしてもお聞きしたく、リクエストしてしまいましたが、なるほどなと大いに納得しました。
さて、自分に同じ質問が返ってきて悩みました。自分の1番。
自分に問いかけ、問いかけ出た答えは「残春」でした。

未来を憂えず 過去に惑わず いつか夢見た いつか届く場所へ

ちなみに、フォトライブの出のことを全校朝会で話しました。
1回も変えずに写真をいただいたこと、リクエストに応えて下さった歌詞のこと、以前に「オーロラの向こう」に後半を読んで聞かせていましたので、生徒も納得していました。
Date: 2018/11/21/10:04:04   [1326]

Re:お返事遅くなりました。
松本紀生  
『残春』をあらためて聴いてみました。

光る歌詞、そしてその意味するところをさりげなく演出するメロディですね。キャンプ中にじっくり聴きたい曲がまた増えました。
Date: 2018/12/01/15:43:06   [1329]



トークイベントありがとうございました!
MAIKO  E-Mail 
先日のニコンプラザ大阪でのトークイベントに、やっと行くことができました。
これまで都合がつかず初めての参加だったのですが、今ではなかなか手に入らない素敵なノートカードも抽選で当たりうれしかったです。ありがとうございました!
穏やかな口調で語られる話の端々に、松本さんのアラスカへの愛が溢れていましたね。
人間って、自分って、本当に小さい存在なんだなと感じながら、数々の写真に見入ってしまいました。
最後に見せていただいた、息を飲むような美しいオーロラの映像には本当に感動しました。
今後も是非フォトライブにも参加したいと思います。
イベントでお忙しいとは思いますが、お体ご自愛ください。そしてまた、アラスカの美しい写真を見せていただける日を楽しみにしています。
Date: 2018/11/12/23:13:07   [1323]

Re:トークイベントありがとうございました!
松本紀生  
ご参加いただきありがとうございました。ノートカードももらってくださったんですね。喜んでもらえてよかったです。

前方列以外のお客さんからはスクリーンが見えにくかったことだと思います。会場のスペースのせいとはいえ申し訳ありませんでした。MAIKOさんの席からはちゃんとご覧いただけたでしょうか。

冬にはまたオーロラを撮影してきます。またどこかの会場でぜひごらんください。
Date: 2018/11/14/10:20:10   [1325]



トークイベント参加
フミ  E-Mail 
今日の14時から大阪で開催されましたトークイベントに参加しました。松本さんにお会いするのは、昨年の12月に兵庫県立美術館でアラスカフォトライブに初めて参加して以来となります。抽選会では、運良く写真集を頂くことができました。写真展で展示されていたアラスカの風景、動植物、オーロラの作品全て魅力的でスマホで沢山撮らせて頂きました。写真も素晴らしいですが、動画を見るとより迫力と美しさが伝わってきます。今日も沢山の方が参加されていました。全国各地でフォトライブを色々な場所でされているのでどんどんファンの方が増えると思います。今日は、会場がNikonサロンだったため高級モデルのカメラやレンズもみれてとても楽しい時間を過ごせました。また、素晴らしい作品をお願いします。近くに来られるイベントには、ぜひ参加したいと思います。本日は、ありがとうございました。
Date: 2018/11/10/21:03:29   [1322]

Re:トークイベント参加
松本紀生  
こちらこそ、お越しいただきありがとうございました。昨年もご覧くださっていたということで、何度も来てくださり感謝いたします。

動画は写真撮影の合間に撮っているのですが、やはり動きを伝える手段としては欠かせないものです。喜んでいただけたようで嬉しいです。

次にご参加くださるさいにも楽しんでいただけるよう、新しいものを撮ってきますね。
Date: 2018/11/14/10:04:59   [1324]



とても感動しました
KUBO  E-Mail 
昨日のALASKA DAYS写真展、トークイベントではとても感動いたしました。
圧倒的な臨場感と迫力の動物たち、雄大で独り占めの原野、そしてデナリに降る注ぐオーロラ。
全てがお一人でロケされているとのこと。お話には触れていませんでしたが、美しく迫力に満ち溢れるショットの裏側には失敗や危険なことも多くあったこともお察しします。
DEEP ALASKAは繰り返し繰り返し拝見しております。
期間中にはまた、GALLERYへ家族も伴って行きたいと思っています。

昨冬はALASKAへ1週ほど滞在しオーロラハントしました。一度は!がまた!になっています。
現地で購入したオーロラ写真集AUROLA BOREALES に松本さんの作品がありました。撮影されたご本人にお目にかかり、お話も伺えてワクワクがとまりません(笑)

これからもご活躍され、多くの感動を分けていただけることを楽しみにしています。
Date: 2018/10/07/14:38:31   [1316]

Re:とても感動しました
松本紀生  
写真展とトークショーへのご来場、誠にありがとうございます!

再度ご家族とお越しくださるとのことで恐縮です。あいにく在廊はしておりませんので、どうか展示作の説明をして差し上げてください(笑)。

いただいた温かいお言葉の数々が励みになります。これからもガンバリマス。

Date: 2018/10/09/19:38:38   [1321]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**HOME**
000159
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.60